MENU

公務員試験の勉強はいつから?社会人、大学生、高校生ごとに解説

公務員試験の勉強についてはその方法とともにいつから勉強するべきかという悩みがあります。

 

基本的に早ければ早いほうが良いわけですが、今回は最低どのあたりに勉強をスタートさせないと間に合わないのかについて平均的な人をモデルにして解説をします。

 

公務員試験の勉強にかかる時間の平均や目安

 

まず一般的に公務員試験でどの程度の勉強時間がかかるのについて解説をします。

 

地方上級 1500~2000時間

 

市役所  1000時間

 

公安系  300時間

 

それぞれもっと長くかかったり、また短い時間で合格することもありますが、上のようなところが一般的なラインとなります。

 

大学生の公務員試験の勉強はいつからするべき?

 

大学生の場合も自覚的な人は一回生から公務員試験の勉強はしている人もいます。

 

しかし特に難関大学に合格したばかりで燃え尽き症候群になってしまった場合にはすぐに勉強するのがきついかもしれません。

 

地方上級 2回生の後期あたりからスタート

 

市役所  3回生前期に勉強をスタート

 

というところではないかと思います。

 

あとは大学の講義でも公務員試験に出題されるような科目を取っておくと多少公務員試験の勉強に有利になるはずです。

 

政治学

 

行政法

 

憲法

 

民法

 

労働法

 

財政学

 

あたりは公務員試験でも役立つでしょう。

 

高校生は公務員試験の勉強をいつからするべき?

 

では高校生はいつから公務員試験の勉強をするべきでしょうか?

 

これも早いほど良いのですが、

 

できれば高校2年の4月あたりから

 

遅くても高校2年の秋9月あたりには

 

勉強をスタートさせれば良いでしょう。

 

公務員試験にもよりますが9月試験というところも多いので、1年6ヶ月から1年くらいはみっちりと勉強期間にあてたいところです。

 

社会人の公務員試験の勉強はいつから?

 

社会人の場合でも早ければ早いほど良いので、決意があるのであれば今日から勉強をはじめましょう。

 

社会人の場合、今している仕事を続けながらという人が多いと思いますが、上のような試験までの勉強時間に1日の勉強時間で割っていくと必要な勉強期間がおよそわかるようになっています。

 

市役所受験で1日1時間、週末5時間勉強するとしても

 

1000時間 ÷ 1週15時間 = 60週以上

 

ということで1年強かかることがわかります。

 

しかし実際には週末はともかくとして、毎日仕事後に1時間ずつ勉強できるほど体力のない人も多いのではないでしょうか?

 

その場合には

 

1000時間 ÷ 10時間 = 100週間

 

ということで2年ほどかかる計算になります。

 

ですので社会人の場合にはある意味で2年後に合格すれば十分なほどなので、いつからというよりも今からがベストです。

 

自治体によっては社会人枠というものもありますし、この枠であれば試験範囲がたしかに狭くなります。

 

しかし

 

もともと競争率が100倍を超えている

 

試験範囲が狭いのは他の受験者も同じで逆に非常に高い正解率が必要となる

 

ということで試験勉強にかけるべき時間はそこまで短縮できないというような事情もあります。

 

公務員試験の勉強はいつから?勉強時間を短縮化するコツ

 

公務員試験では真面目に努力しても合格するとも限りません。

 

というのも科目数が多く、範囲も膨大で真面目にやるほど万遍なく点数が取れるようになっていないからです。

 

学力的に問題ない人(たとえば難関大学に合格するほどで2年ほど勉強するようなケース)であれば時間をかければいつかは合格レベルに到達できるわけですが、そこまで学力に自信がないというような場合には

 

合格者の使っている参考書や問題集を知ること

 

その問題集をやりこむこと(解説も熟読して実力をつけて応用力をつける)

 

参考書は問題集でわからないところの辞書として使うこと

 

模試も復習用の教材として積極的に受けること

 

配点を知って優先するべき科目を知ること

 

公務員試験の科目ごと配点!優先して勉強する科目と捨てる科目

 

公務員試験模試はどこがおすすめ?判定、点数を分析し復習する方法

 

というようにしてなるべく得点を効率的に早く取れるように勉強していきましょう。

 

公務員試験に独学で短期合格する方法



独学で短期合格するには、公務員試験短期合格メソッドをおすすめします。


合格するための最短勉強法とスケジュールがわかる

合格者が使っているテキスト、問題集がわかる

捨てる科目と時間をかけるべき科目とがわかる

公務員試験の秘密の配点がわかる

最新の二次試験対策がわかる

公務員試験短期合格メソッドはこちらから。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~