MENU

おすすめ高卒程度の公務員試験過去問題集!英語、数学、作文のポイント

高卒程度の公務員試験では大卒よりも試験範囲は狭めで、難易度も低めといわれています。

 

ただ勉強方法を間違えれば合格の確率は下がることは間違いありませんので、効率の良い勉強方法をとるようにしていきましょう。

 

おすすめ高卒公務員試験での過去問題集

 

公務員試験での過去問題集はいくつか市販されているわけですが、最初にどの問題集をやるのかは意外と重要です。

 

過去問をやって実力がつかないという本はないわけですが、実力がつきにくい本というものは存在するからです。

 

高卒程度でおすすめする過去問題集は2つありますが、

 

スーパー過去問ゼミ

 

過去問350

 

となります。

 

おすすめは最初にスーパー過去問ゼミをしていき、その問題集がほぼ100%正解できるようになれば、過去問350に進むというような方法です。

 

スーパー過去問ゼミのほうがやや解説が充実していますので、実力をつけやすいと思います。

 

そのためこのような順番にしました。

 

もちろん得意科目であったり、基礎学力のある科目であれば順番を逆にしても構いません。

 

高卒公務員試験の数学過去問が解けない?合格は無理?

 

数学が苦手という人は公務員試験受験者でも割合多いですが、

 

高校の偏差値はあまり考えない

 

商業高校、工業高校卒の人でも数学を解き合格している

 

数学の過去問を解き問題に慣れるようにしていく

 

というように勉強をしていきましょう。

 

数学の問題レベルは決して高くないのが公務員試験ですが、中学卒業程度の数学問題も多いはずです。

 

やや苦手というレベルであれば過去問を繰り返し解くことで解決策が見えてくるはずです。

 

最悪は専門学校に通うというような方法もありますが、あきらめずに過去問を解くというようにして数学を克服できるようにしていきましょう。

 

高卒程度の公務員試験で英語の過去問が解けない!対策は?

 

数学に負けずに苦手な人が多いのが英語ですが、英語もある程度点数が取れれば良いというような考え方で勉強していきましょう。

 

基本的には英語も過去問メインを解くことで勉強していく

 

毎日英語に触れて慣れるようにする

 

英語というのは毎日触れることで感覚を維持できたり、また読めるようになっていきます。

 

また英語の過去問を解いていくと公務員試験の英語の傾向も勘の良い人だとわかってくるはずです。

 

つまり極論をいえば英語が読めなくても何となく正解がわかるようになるということです。

 

選択肢の日本語から正解がわかるようになる

 

選択肢で政策批判、非常識なものは基本的に正解ではない

 

というように英語が苦手な場合には選択肢をいくつかに絞って後は勘というような考え方もあります。

 

ただ英語がかなり低い学力しかない場合には英語に必要以上に時間を使わずに、他の科目で点数を取ってカバーしていくという考え方もしていくようにしましょう。

 

英語の配点はそこまで高い試験は少ないはずです。

 

高卒程度の公務員試験での作文!過去問から分析する

 

大卒の小論文と比較すれば字数が少ないのでそこまで苦労するようなものでもないかと思います。

 

高卒程度の作文のポイントは

 

起承転結をはっきりとさせる

 

誤字、脱字に注意すること

 

字数は指定された数の9割を目指す

 

というところがポイントとなります。

 

試験時にうまく作文を書く方法としては

 

いきなり書かずに作文の構成を余白に書く

 

現状、問題点、解決策を整理して書く

 

あとは作文でその構成を元に肉付けしていく

 

構成は試験時間の20~30%程度は使用しても間に合うはずです。

 

構成は作文の骨組みですので、しっかりと作文の課題を見抜くようにしましょう。

 

また作文というのは日頃から新聞、時事本を読み、書く材料を集めておくという姿勢も必要です。

 

テレビのニュースでも良いので公務員試験に出題されそうなものは時間の許す限り集めるようにアンテナをはっておきましょう。

 

公務員試験に独学で短期合格する方法



独学で短期合格するには、公務員試験短期合格メソッドをおすすめします。


合格するための最短勉強法とスケジュールがわかる

合格者が使っているテキスト、問題集がわかる

捨てる科目と時間をかけるべき科目とがわかる

公務員試験の秘密の配点がわかる

最新の二次試験対策がわかる

公務員試験短期合格メソッドはこちらから。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~