MENU

おすすめ公務員試験の予備校!評判、実績、費用から徹底比較

公務員試験では予備校を検討する人も多いかと思いますが、予備校もそこそこの数あるので迷うという人も多いのではないでしょうか?

 

今回は公務員試験の予備校でも合格実績がしっかりとしていて、評判も良いところを紹介したいと思います。

 

おすすめの公務員試験予備校!評判と実績からピックアップ

 

まず結論としては大手予備校が無難ということです。

 

公務員試験の情報の保有力

 

指導力

 

通学のしやすさ

 

など公務員試験に合格するための条件のようなものは基本的に揃っているからです。

 

私がおすすめする公務員試験の予備校は

 

  • LEC

 

  • TAC

 

  • 東京アカデミー

 

  • 大原

 

このような予備校となります。

 

カリキュラムなども大差がないといいますか、真剣に勉強する気持ちさえあれば上の予備校はどこでも問題ありませんので、あとは費用や通学のしやすさで選ぶと良いでしょう。

 

社会人枠でのおすすめの予備校

 

社会人枠といって一定の民間企業での勤務歴を前提として公務員試験もあるわけですが、この場合は個人的には東京アカデミーをおすすめします。

 

その理由としては

 

社会人枠の公務員試験の情報を多く持っていること

 

社会人枠の合格者に話を聞くと東京アカデミー出身者が多いこと

 

というようなところになります。

 

高卒程度の公務員試験でのおすすめ予備校

 

高卒程度でおすすめの予備校といえば

 

東京アカデミー

 

大原

 

となります。

 

高卒程度の公務員試験に特に力を入れている予備校という観点で上のような予備校をおすすめします。

公務員試験の予備校選びと無料体験

 

上のような大手の予備校となれば契約前に

 

無料カウンセリング

 

無料体験

 

のようなシステムのあるところが多いです。

 

私もそれぞれ資料集めとともにカウンセリングをいくつか受けて予備校は選びました。

 

この段階で

 

通いやすさ

 

受講費用

 

教室の雰囲気

 

なども肌でわかりますので、このような慎重に予備校を選ぶということをおすすめしたいと思います。

 

費用だけであれば何となくネットで各予備校のサイトを検索してもわかるのですが、雰囲気などは行ってみてはじめてわかるものです。

 

契約後に失敗したとならないためにも必ず予備校に行ってみるという手間を惜しまないようにしてください。

 

公務員試験の予備校!費用から比較

 

公務員試験の予備校を費用から比較してみますと

 

TAC

 

LEC

 

東京アカデミー

 

は40万~50万と同じような費用水準となります。

 

この通学制での3つでいえば東京アカデミーが10万ほど高いというようになります。

 

大手予備校ではこのような費用水準がだいたい相場といえるわけですが、裏技ではありませんがより安く費用を抑えるには東京アカデミーの通信講座を受講するという方法もあります。

 

この方法だと8~9万となってくるのでかなり受講しやすいといえます。

 

通信講座だと

 

受講に場所を選ばない

 

時間も自分の隙間時間を利用できる

 

というようなメリットもあります。

 

ただ他の受験者の雰囲気が感じられないなどデメリットもないわけではなく、長い公務員試験を自分1人でペースをつかんでいかないといけないというようになり、挫折しやすくなるという側面もあります。

 

公務員試験に独学で短期合格する方法



独学で短期合格するには、公務員試験短期合格メソッドをおすすめします。


合格するための最短勉強法とスケジュールがわかる

合格者が使っているテキスト、問題集がわかる

捨てる科目と時間をかけるべき科目とがわかる

公務員試験の秘密の配点がわかる

最新の二次試験対策がわかる

公務員試験短期合格メソッドはこちらから。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~