MENU

公務員試験の科目ごと配点!優先して勉強する科目と捨てる科目

公務員試験では科目も多く、それぞれの試験範囲も広くなっています。

 

よほど記憶力や学力に自信がなければ漫然と勉強していくことになり、合格できないといえます。

 

公務員試験の合格法では科目の配点を知り、優先して勉強するべき科目とそうではない科目とに分けるということが必要となります。

 

専門科目VS教養科目!公務員試験の配点

 

まず専門科目と教養科目との配点について見ていきましょう。

 

自治体によってはこの配点から非公表となっているところが多いのですが、一部の自治体では公表してくれているところもあります。

 

そのような自治体の配点を見れば

 

専門科目と教養科目とは配点が同じになっているところが多い

 

ただし非公表の自治体は専門科目の配点が高くなっているところが多いといわれている

 

というような傾向となっています。

 

つまり受験する自治体の配点が非公表かどうかでもある程度どの科目を優先して勉強するべきかも見えてくるということです。

 

公務員試験での配点発表の時期

 

公務員試験の配点については4月を過ぎて公表されることが多いです。

 

もちろん非公表の自治体では公表されることもありません。

 

公表はその自治体のホームページ上で行われる

 

公表が遅い自治体では昨年度の配点を元に推定することが必要

 

というように考えていきましょう。

 

公務員試験の合格基準点、合格採点点はわかる?

 

一般的に公務員試験では合格基準点については非公表のところが多いと思います。

 

この理由としては

 

毎年問題の難易度、受験者のレベルが違う

 

点数によって筆記試験の合格者を決めるわけではない

 

上位○名というように筆記試験の合格者を出していく

 

というようなシステムとなっているところが多く、合格採点点というのは受験者の点数獲得の状況によって毎年大きく異なるわけです。

 

後述しますように公務員試験の筆記というのは基本的に足きり、落とす試験であって、上位から決まった人数に合格を出すという試験となります。

 

つまりその年度の、その自治体の他の受験者の中で一定の成績を修めないといけない試験というわけです。

 

公務員試験と面接試験の配点!筆記試験は優先度が低い?

 

最近は公務員試験において面接試験の配点が高くなってきているといわれています。

 

そのため筆記試験よりも面接対策をやったほうが合格の早道となるというような論調もあります。

 

ただこれはあくまでも傾向の問題であって、筆記試験の配点は依然として高く、面接試験だけしっかりと対策すれば合格するというような試験にはなっていません。

 

予備校でも面接対策はありますが、しっかりと面接対策をしても一次で点数が低く不採用になる確率はかなり高いです。

 

筆記試験では90%前後が足きりにあう

 

面接では競争率は数倍に収まる

 

というような自治体が多いわけで、いかに筆記試験でのふるいがきついかはわかります。

 

当然ですが筆記試験に合格しなければ面接を受けることもできません。

 

ですが筆記試験で余分に手を広げると膨大な勉強量となるので、

 

筆記試験では合格採点点を少なくても狙う

 

あとは面接対策もやっていく

 

というように効率の良い勉強法をしていかないといけないということです。

 

公務員試験の科目数と優先するべき科目

 

国家公務員、地方上級ともなれば科目数だけでも30前後となってきます。

 

当然すべての科目を完璧にしようと思えば1年勉強してもうまくいきません。

 

ズバリこの30科目でも特に配点の関係上優先して勉強するべき科目について列挙していきますと

 

教養科目

 

数的推理、判断推理

 

政治、法律、経済、社会

 

世界史、日本史、地理

 

教養科目でも特に数的推理は3割もの配点率を誇りますので、この科目では最低8割の得点を目指す必要があります。

 

特に数的推理は得意科目になるような対策をしていきましょう。

 

専門科目

 

政治学、行政学、社会政策

 

憲法、行政法、民法、労働法

 

経済原論、財政学

 

社会政策、労働法などは暗記すれば点数が伸びやすい科目となっています。

 

他の科目については出題数から配点が高いので、捨てると合格がかなり難しくなる科目となります。

 

公務員試験に独学で短期合格する方法



独学で短期合格するには、公務員試験短期合格メソッドをおすすめします。


合格するための最短勉強法とスケジュールがわかる

合格者が使っているテキスト、問題集がわかる

捨てる科目と時間をかけるべき科目とがわかる

公務員試験の秘密の配点がわかる

最新の二次試験対策がわかる

公務員試験短期合格メソッドはこちらから。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~