MENU

公務員試験の教養科目の勉強方法!最短で合格レベルに達する方法

公務員試験では教養と専門とに分かれているわけですが、教養試験も範囲がかなり広いのでまともに勉強していくとかなり苦労することになってしまいます。

 

教養試験が苦手という人も多いかと思いますが、今回は公務員試験での教養科目の勉強方法について解説したいと思います。

 

公務員試験での教養科目にはどんなものがある?

 

教養科目は大きく分ければ5つになりますが、その中にそれぞれ小さい科目が含まれるのではっきりいって膨大な科目数が存在します。

 

  • 文章理解 現代文、英文、古文、漢文

 

  • 数的処理 判断推理、数的推理、資料解釈、空間把握

 

  • 自然科学 数学、物理、化学、生物、地学

 

  • 人文科学 思想、文学、日本史、世界史、地理、政治経済、社会

 

  • その他  国語、時事、法学、英語

 

自治体によってどの科目が出るのかは微妙に違ってきます。

 

公務員試験の教養科目での配点と優先するべき科目

 

自治体によって教養科目でどれが出題されるのかは違うわけですが、一般論としては

 

古文

 

漢文

 

空間把握

 

時事

 

法学

 

英語

 

などは出題される頻度が低い科目となります。

 

得意でなければ捨てるという選択肢もなくはありません。

 

逆に絶対に勉強するべき優先したい科目としては

 

現代文

 

英文

 

判断推理

 

数的推理

 

政治経済

 

となります。

 

捨てるかどうか迷いそうな程度の科目としては

 

理科科目(数学、物理、化学、生物、地学)

 

社会科目(日本史、世界史、地理)

 

などがあります。

 

社会科目はまだ頻度が高いのですが、特に理科科目は微妙な出題数の自治体が多いように思います。

教養のみの公務員試験での勉強法

 

教養のみで公務員試験に合格できる職種などもあります。

 

たとえば市役所事務職などですが、専門科目がないので範囲が狭いわけですが、他の受験者も同じ条件なのでそこまで楽というわけではりません。

 

むしろ必要な点数が高くなる傾向もあって、緊張感のある勉強法をしなければいけません。

 

出題頻度の高い問題が網羅された問題集を選択する

 

その問題集を解くことを勉強法の中心にする

 

間違えた問題は解説を熟読する

 

理解できない場合には参考書も読む

 

後日知識が定着しているか確認するためにまた解く

 

最終的にその問題集ですべてを間違えないで解けるようにする

 

このように問題を解くということを中心にした勉強法をしていきます。

 

教養試験というのは上のように科目も多く、まともに勉強すればそれぞれの範囲が広すぎてとても1年では得点を取れるようになりません。

 

大学受験では教科書を読み込み、かつその上で問題集も複数やってようやく得点が取れるようになるのですが、公務員試験の教養科目ではこのように問題集をメインに、参考書をサブテキストにして勉強していくのが得点を取る意味では最も効率的な方法となります。

 

教養試験での問題集の選び方

 

教養試験では上のような勉強法が理想的なために、最も重要となってくるのは問題集選びとなります。

 

公務員試験の合格に直結する問題集の選び方というのは

 

公務員試験頻出の問題が網羅されていること

 

合格者も多く使っている問題集であること

 

頻出度の表示があって優先するべき問題もわかりやすいこと

 

このような条件を満たすべきとなります。

 

詳しくはこのページの下のほうにも紹介していますが、合格者の使用している問題集を無駄な勉強法とならないために絶対に選べるようにしていってください。

 

公務員試験に独学で短期合格する方法



独学で短期合格するには、公務員試験短期合格メソッドをおすすめします。


合格するための最短勉強法とスケジュールがわかる

合格者が使っているテキスト、問題集がわかる

捨てる科目と時間をかけるべき科目とがわかる

公務員試験の秘密の配点がわかる

最新の二次試験対策がわかる

公務員試験短期合格メソッドはこちらから。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~